話題の検索:
トラックバック・ピープル/地域情報/日本
函館
(トラックバック数:1362、ID:02500) ( 03月22日 11時54分 更新)



北海道の玄関口。旅と夜景と異国情緒の街、函館。
トラックバック先URL: 

1362件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

北海道脱出 28時間 [ぱふぅ家のホームページ から]
北海道脱出 28時間【更新】リンク更新  続きを読む
Date: 2018-03-22 11:54 ID: 24244372

函館市電と日本最古の操車塔 [ぱふぅ家のホームページ から]
函館市電と日本最古の操車塔【更新】リンク更新  続きを読む
Date: 2017-11-28 10:38 ID: 24227686

五稜郭タワーから五稜郭を眺める [ぱふぅ家のホームページ から]
五稜郭タワーから五稜郭を眺める【更新】リンク更新  続きを読む
Date: 2017-11-28 09:54 ID: 24227672

日本最古のコンクリート電柱は函館市内にある [ぱふぅ家のホームページ から]
日本最古のコンクリート電柱は函館市内にある【更新】リンク更新  続きを読む
Date: 2017-11-26 20:40 ID: 24227450

青森・函館2泊3日の旅のまとめ [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 1日目。まずは東北新幹線で新青森駅に行きました。本当だったらはやぶさに乗りたかったのですが、残念ながら満席。はやてで行きます。当時は新青森駅まで開業したばっかりだったので、新青森駅はものすごい人でした。 青森駅に到着。まだお昼ご飯を食べていなかったのに気づきまして、立ち食いそばと青森煮干しラーメンを頂きます。で、青森ベイエリアを散策します。青森ベイエリアには、A-FACTORYや青函連絡船八甲田丸、青函連絡船戦災の碑、アスパムがあります。 青森デスティネーションキャンペーンをやっていまし&#8  続きを読む
Date: 2017-07-16 10:34 ID: 24197058

北海道新幹線 はやぶさ [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 北海道新幹線はやぶさです。新函館北斗から青函トンネルを経由して、新青森まで行きます。ただし、大抵の列車はそのまま東北新幹線に乗り入れていまして、盛岡・仙台・大宮・上野・東京方面に行きます。 なので、車両は基本的に東北新幹線はやぶさと同じです。これは、普通車指定席のシート。グレーの落ち着いた感じです。 壁際にはACコンセントがついています。逆に言うと、壁際にしかついていないので、通路側の席では使えないのが欠点ですね。 シート背面です。この車両はE5系と言って、JR東日本の車両なので、シート&#8  続きを読む
Date: 2017-05-09 23:44 ID: 24175731

特急スーパー白鳥 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 青森駅に着いた、キューティー吉本。ここで、何を考えたのか、函館に行くことにしました。だってぇ、せっかくここまで来たんだしぃ。青函トンネルくぐってみたいしぃ。函館のイカ食べたいしぃ。 そんなわけで、青森とはお別れで、函館に行くことになりました。青森(正確には新青森)から函館へは、特急白鳥で行きます。そういえば昔、特急白鳥といえば、大阪〜青森を日本海沿いに走る、超ロングラン特急だったんですね。昔乗ったことがあるんですけど、金沢→秋田の区間だったんで、全区間乗ったわけではないんですね。 キュー&#8  続きを読む
Date: 2017-05-09 23:43 ID: 24175730

新函館北斗駅 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 北海道新幹線と函館本線の新函館北斗駅です。函館駅からはこだてライナーで、大体20分ぐらいのところにあります。また、札幌方面に行く特急スーパー北斗・北斗も全列車が停車します。 北海道新幹線ホームの11番線です。主に東京方面行きの列車が発着します。 同じく12番線です。このホームはどうやら、東京からの列車の到着ホームとして使用しているみたいです。 やはり北海道の常識に従って、エスカレーターの出入り口には自動ドアが付いています。寒気が駅舎に入ってこないようにするための工夫ですね。 向かって左側&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:46 ID: 24175324

かに寿し弁当 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 湯の川温泉も堪能できたので、そろそろ帰ることにします。でも、せっかく函館に来たんだから、イカ以外にもうまいものを食べたい。そうなると、スーパー白鳥の中で駅弁食べようか、というわけです。 うにも捨てがたかったのですが、キューティー吉本が選んだのがこれ。かに寿し弁当です。 かにずしは他にも城崎温泉駅が有名だったりします。ただし、函館駅の駅弁は、毛ガニかタラバガニ・・・なんだと思います。 開けてみると、彩りがなんともおいしそうな、カニのちらし寿司ですね。ただし、これが毛ガニなのか、タラバガニな&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:46 ID: 24175317

函館市電 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet ここから湯の川温泉に行きます。函館駅からは、市電に乗って終点まで行く感じですね。市電って、地下鉄と違ってながーい階段とかエスカレーターとかを昇り降りしなくて済むんで楽なんですよねー 函館市電の路線は2つありまして、湯の川−どっく前を結ぶ路線と、湯の川−谷地頭を結ぶ路線です。どちらも函館駅と五稜郭前を通りますし、函館朝市行くのにも便利です。なので、函館に行ったら一日乗車券を買って、函館を思う存分楽しみましょう。ただし、キューティー吉本的には、できれば湯の川からもう少し先に延ばして、函館空港&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:46 ID: 24175315

函館駅 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 青森駅からどれだけ時間が経ったか、いやもうお昼ぐらいになったんじゃないかって感じなんですけど、函館に着きました。 函館に着いて、出迎えてくれたのはこれ。青函連絡船の出発合図のどらでした。 しかし、キューティー吉本がびっくりしたのは、これではありません。 「あれー、函館駅ってこんな長い屋根がついてたっけ???」 そうなんです。キューティー吉本も函館には行ったことはあるんですけど、こんなホーム全体を覆う屋根が着いていた記憶がないんです。これ、もしかして函館駅の大改造があったんじゃないかって思&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:46 ID: 24175310

湯の川温泉 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 函館の市電の湯の川温泉から歩いてすぐ、湯の川温泉があります。 「て、『湯の川温泉』電停を降りたのに湯の川温泉がなかったら、看板に偽りありなのですが・・・」 湯の川温泉には、温泉旅館がいっぱいありまして、ご覧の通りの風情のある街灯も立ってたりします。しかし、どうにも温泉地に来たって感じがしないんですね。 なぜかと言うと、確かに温泉旅館はあるんですけど、その他にはというと民家が立っているだけなんです。例えば温泉街って、土産物屋さんが並んでいたり、町の至る所で湯けむりが上がっていたり、外湯があ&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:44 ID: 24175316

青函連絡船 摩周丸 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet この写真は、函館駅のすぐそばにある、摩周丸です。つまり、昔の青函連絡船ですね。 「青函連絡船って何?」 ・・・って方も、今では多いと思います。無理もありません。青函連絡船が廃止になってから、もう20年以上が経過しているわけですから。青函連絡船というのは、青森−函館を結んでいた、国鉄の連絡船です。 摩周丸にも、連絡船の特徴でもある、貨物列車を搭載するための口がついています。連絡船って、カーフェリーの列車版ですからねぇ。 ただ、今は役割を青函トンネルに譲りまして、ご覧のとおり現在では記念館に&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:44 ID: 24175314

きくよ食堂 イカ刺し定食 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 函館行って、絶対に食べたかったのがこれ。イカ刺しです。 本州で食べるイカとは全然違って、まず白くないんです。鼈甲色しているんですね。しかも、コリコリとした食感で、うーんたまりませんねぇ。 函館のイカ刺しは、ご覧のとおり刺身の切り身の形をしていません。細切りなんですね。え? これってイカソーメン??? いえいえ、函館じゃイカソーメンって鮮度の落ちたイカで作るんですよ。 あ、実はキューティー吉本がイカ刺し食べたのって、お昼ご飯時でして。イカは鮮度が落ちやすいので、本当だったら朝食べるんですね&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:44 ID: 24175313

函館朝市 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 函館のホテルに泊まったら、朝食付きプランは絶対にお勧めできない理由が、これ。函館朝市があるからなんです。この函館朝市、JR函館駅のほぼ真横にあります。 朝市というからには、朝から開いていまして、海産物を売っているお店の他に、食堂も朝から開いてるんです。函館市内のホテルって、JR函館駅の近くに集結していまして、それだったら観光も兼ねて、函館朝市で朝ごはんを食べるのがおすすめってわけです。 その代わり、朝市はお昼過ぎには閉まってしまうので、晩ご飯を朝市で食べるのはムリ・・・ですね。 (夜でも&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:44 ID: 24175312

函館空港 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 函館の空の玄関口、函館空港です。函館駅からは空港バスで約20分で運賃410円と、実は函館の中心部から意外と近いところにあったりします。何しろ、函館空港って湯の川温泉をもう少し先に行ったところにあるんですから。函館市電をもう少し伸ばしたら、函館空港まで着きそうな気がします。日本で唯一、路面電車で行ける空港って、あったらいいなぁって思いますけどねぇ。 国内線ターミナルです。搭乗カウンターと出発ロビーは、1階にあります。これが、搭乗カウンターです。 こちらが、到着ロビーです。この先に、国際線タ&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:28 ID: 24175302

函館?屋ゆうみん 塩ラーメン [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 函館に来て、イカの他に食べたいものと言えば、塩ラーメン。函館って朝と夜は海鮮系になりがちなので、塩ラーメンは昼にしました。函館駅のすぐ近くに函館?屋ゆうみんというお店があったので、行ってみます。 これが、お店のお勧めの塩ラーメン、650円です・・・て、そうですよね。ここは函館なんですから。透き通ったスープと、やや厚めのチャーシューが食欲をそそります。 で、お味はというと、すっきりとした味わい。これだけすっきりしているスープに太めの麺を入れて、大丈夫なのかと思ったら、ちゃんといい味している&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:28 ID: 24175301

谷地頭温泉 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 諸般の事情で湯の川温泉で温泉に入れなかったキューティー吉本は、函館にもう一つある温泉に行くことにしました。谷地頭温泉です。こう書いて、「やちがしらおんせん」と読みます。 その名の通り、場所は函館市電の谷地頭電停から5分とかからない場所にあります。電停を降りたら、斜め右方向に行く感じで歩くと見つかります。 施設は、1階がフロントと軽食コーナー、2階が休憩室と浴場になっています。玄関に入ったら靴を脱ぎ、下駄箱に入れます。次に、自動券売機でチケットを買って、フロントで渡します。ロッカーの鍵を受&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:28 ID: 24175300

湯の川温泉をぶらぶらと歩いてみた [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 「せっかく函館に来たんだから、湯の川温泉に行かないとねー」 ・・・と言うわけで、函館駅から函館市電に乗って湯の川温泉に行きました。ちなみに、湯の川温泉電停は、終点の1つ手前です。 しかし、湯の川温泉電停を降ろされたものの、どうにも温泉街に来た実感がわかず。多分こっちかなー、と川沿いの道を歩いてみます。すると、はるか先に高い建物が見えます。 はい。キューティー吉本の直感は正解でした。これが、湯の川温泉への道でした。湯の川温泉の中心は湯川温泉交差点で、周辺には旅館やホテルが立ち並びます。 大&#8  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:28 ID: 24175299

湯の川温泉 大盛湯 [アイプラス店長 キューティー吉本の自由旅行 から]
Tweet 湯の川温泉には、日帰り入浴できる旅館のほか、大盛湯という公衆浴場があります。キューティー吉本も行ってみることにします。 しかし、残念ながら定休日で閉まっていました。残念。ちなみに、最寄り電停は湯の川温泉です。 関連記事小樽駅小樽運河旧手宮線小樽の歴史的建造物うろこ亭 うに丼 Tweet  続きを読む
Date: 2017-05-08 23:28 ID: 24175298

1362件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード